読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャストサイズ

生き方について、ムリのない、自分にとっての丁度のサイズというものが分かったからすごく楽になったんじゃないかな、私。まずはそれをしっかり受け止める。その上でちょっとずつ、希望を叶えて行く。いつの間にかエベレスト、なんちゃってね。基準がないと分かりにくいものね、自分が何者かどれほどの者か。

絵のない絵本

何度か読みました。頭に入ってきたことはいっぺんもありません。もちろん心にも残りません。今日、今回はやっと心に響きました。まだ判然としない話は2、3ありますけれどね。とてもとてもオトナな話だわ。子供のうちに理解できた人、きっとすごい感性の持ち主に間違いない。あと「失われた時を求めて」を死ぬまでに読破できるだろうか。

小さな商店

猫道を通るようになりとある小さな古い商店に出会いそこで週一バンを買うようになりました。冬でも吹きざらしで大変だけどそこが商店なのね。所狭しと並ぶ商品。高い。でも品物が全てワクワクして見える。おばちゃんも優しい。ヨガの帰りは商店でパンを買うのが楽しみ。他の物もトライ。おばちゃんの商店の品物はどれもいい顔してるわ。お店の名前はなんだろ。

お彼岸のお参り

お寺で施餓鬼法要にお参りしました。お土産?はお花。華やかに飾りましょ。

北斎

大好きな芸術家。いきいきしていて正確、そこにある風景から富士山まで。北斎さんの画集が手元にある安心感。そこからは穏やかな音楽や物音が聞こえるよう。くにゃんと笑う爺すがたの肖像画に天才の風が吹く。

乗り物好き

特に私鉄電車。マイペースで営業しているのがはっきり伝わるかわいい電車。家から見えてまたかわいい。人の少ない時間帯は3両で走っている。乗りたさのあまり歩いていける距離をわざわざ乗って気分ウキウキ。

伝える

アンネの日記」やドラマ「前略おふくろ様」のように実在しないけど伝えたい対象がいて気持ちをやりとりしている。今はブログもそこに仲間入りしてこうして私も心のやりとりができるようになりました。誰に伝えるともないけど自分とのやりとりの他に聞き役になってくださる不特定の方々がいてくださるんだなという気持ちがとても嬉しい。人ってやはりキャッチボールなんだな。聞いてもらえるという感覚はとてもありがたいものです。ドラマのドーナッツホールの人たちも、この気持ち届けーって演奏できるから嬉しい的なことを言ってらした。人は何かを伝えたいと思っている。