読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1つの高野槙

職場の空き地の隅にこっそり植えました。職場に自分の愛着のあるものを寄贈するというのは私にはちょっと勇気のいる事。今朝までウチにあった槙が今は職場の空き地の隅でひっそりと佇んでいるのか。自分の息吹がそこに移るみたい。これからあなたの姿をまい朝晩みるね。非常に難しいと言われているので根付いてくれると嬉しいです。頑張ってね。根付いたとして、私が居なくなっても高野槙は生き続けるのかと思うと感動的。職場を厄災から守ってね。