読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事が 助け

そんな日がたまにあります。気が塞いでいるとき、ひどく落ち込んだとき。接する職員や顔馴染みの人たちが気をくださいます。普段はどちらかというと距離を持っていたいのだけど。人って勝手なもんだわ。