読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレベーターで

女性と二人になりました。ひたすらバッグをがざごぞされていて、角界で止まるドアの「閉」ボタンは私が押しました。地下に着いたとき前を向いたまま大股で出て行かれました。そっかあ。