やけにしんみり

今日の雨は節目っぽい。慌ただしかったういういしい春から本腰入っていくような。ゆっくり帰宅コーヒーをのみます。

日々が修行

よくいったものです。変わりなく毎日すごすことは時としてしんどい。そういうときはただ淡々とじっと過ごしていく。ときに任せて。

なるようになる

あれこれ考えたり算段せずになるように任せてみるか。それも面白いかもね。

ものにならない

私って何をやっても物になりません。一本筋とおして成し遂げていく人をみると心から羨ましい。このままなんにもしないでお金に追われるただのサラリーマンでおわるのか。泣きたくなるけど泣きもしない。今夜はやるせない。月を見ながらコーヒー。

物事は不思議

最初はギクシャクギスギスしていたのが時とともにうまく溶け合ってまろやかな空気になったり。逆にふんわりやさしい空気だったものが、いつの間にか冷めて心が離れていったり。それぞれだなあ。

本音は大切

まずこれを認めて受け入れないと前には行けないなと思います。声に出して言う。受け入れていないと口には出せるもんじゃないです。それん言うのは恐ろしいです。言ったら気がすごく楽になって身体まで軽いのですね。また違った感じで同じものでも取り組むことができるように思う。